お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

フリマアプリ「メルカリ」が約84億円を調達--海外展開を加速

2016/03/02 11:59
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フリマアプリ「メルカリ」を運営するメルカリは3月2日、総額約84億円の資金を調達したことを発表した。出資したのは、三井物産、日本政策投資銀行、ジャパン・コインベスト投資事業有限責任組合、および既存株主であるグロービス・キャピタル・パートナーズ、World Innovation Lab(WiL)、グローバル・ブレイン、同社経営陣など。

フリマアプリ「メルカリ」
フリマアプリ「メルカリ」

 メルカリは、スマートフォンのカメラで商品を撮影するだけで、簡単に出品できるフリマアプリ。ダウンロード数は日米で合計3200万(日本:2500万、米国:700万)、月間の流通額は国内で100億円超に達しているという。

 同社では、メルカリのさらなるグローバル展開と国内でのサービス拡大を図るため、D種優先株式の発行による資金調達を実施したと説明。2013年2月の創業以来、資金調達金額の総額は約126億円となる。

 この2日前となる2月29日には、LINEがフリマアプリ「LINE MALL」の撤退を発表していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社