お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

グーグル開発者会議「Google I/O」、3月8日より加申し込み受付を開始へ

2016/03/02 10:27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、米国時間5月18日から始まる「Google I/O 2016」カンファレンスで、開発者らに最新のサービスと製品を披露する予定だ。

 Googleは3月1日、開発者は3月8日~10日の期間中にオンライン登録をすることで、Google I/Oのチケットを購入する抽選に申し込めると発表した

 Google I/Oの基調講演は、一般の人々から最も高い関心を集める。Googleが1年で最大の発表を行うからだ。

 Googleはこのイベントのチケットを900ドルに設定しているが、入手困難となっている。開発者らは基調講演のほかにも、Googleの各種プラットフォームを中心とした開発に役立つ最新の技術とリソースに触れることができる。

 The Wall Street Journalによると、Googleは、親会社Alphabetの2年間にわたるプロジェクトの成果として「Chrome OS」を「Android」に組み入れるとみられるという。Google I/Oではまた、Androidの次期バージョンが披露される可能性も高い。

 Googleはここ数年と同様に、同イベントをYouTubeでストリーム配信する予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社