お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

NECモバイル、3月24日に解散へ--NECは約1012億円の債権を放棄

2016/02/29 18:12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本電気(NEC)は2月29日、同日開催した取締役会において、連結子会社であるNECモバイルコミュニケーションズ(NECモバイル)に対する債権を放棄することを決議したと発表した。

 NECは2015年12月、子会社であるNECモバイルコミュニケーションズから携帯電話端末事業を2016年3月1日付で譲り受けることを発表していた。

 NECモバイルは、予定通り2016年3月1日付で携帯電話端末事業をNECに譲渡する。またNECモバイルが清算手続に入るめどが付いたことから、3月24日にNECモバイルを解散するとともにNECは約1012億円の債権を放棄することを決議した。

 なお、NECモバイルの総資産は34億円で、純資産はマイナス1015億円(いずれも2015年3月期)。債権放棄により発生する貸倒損失については、2016年3月期第3四半期までに個別決算において引当金を計上している。一方で、貸倒損失の金額が税務上損金に算入されるため、2016年3月期において税金費用が約240億円減少する見込み。

 その影響により、連結業績において親会社株主に帰属する純利益は約240億円の増加、個別業績において純利益は約240億円の増加を見込む。影響額は、同日公表した「連結業績予想の修正に関するお知らせ」の連結業績予想の修正に織り込まれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社