お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Opera、中国企業グループによる買収提案に応じる意向--12億ドル

2016/02/12 08:50
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Opera Softwareは、中国企業グループによる12億ドルでの買収提案に応じるつもりである。

 ノルウェーを拠点にブラウザを開発する同社は現地時間2月10日、同社取締役会が満場一致で、この買収の承認を株主らに推奨すると述べた。この買収によって同社は、中国に参入するための強力な後ろ盾を得ることになる。

 この中国企業のコンソーシアムには、インターネットセキュリティ企業のQihoo 360、インターネット企業のBeijing Kunlun(同社は2016年に入ってGrindrに約9300万ドルを投資している)、投資グループのGolden Brick and Yonglianなどが含まれている。

 Operaによると、12億ドルは、過去30日間の市場取引期間のOpera株価に56%上乗せした金額であるという。

 Operaは1995年に創業し、同社名を冠したブラウザを1997年にリリースした。「Opera」ブラウザは決して一番手ではなかったが、常に愛用ユーザーが存在する状態だった。

 同社は、世界初の真のモバイルブラウザの1つを開発しており、それは初期の「Android」搭載端末における最良のブラウザの1つだった。近年ではOperaは主に、広告とデータ圧縮技術「Opera Max」に力を入れていた。

 Operaが身売りを完了するにはまだ、株主と各国政府の承認を得る必要がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社