お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

グーグル親会社Alphabet、時価総額がアップルを抜き世界首位に--Q4決算を受け株価上昇

2016/02/02 12:13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleを傘下に置く親会社Alphabetは米国時間2月1日、第4四半期決算(12月31日締め)を発表した

 純利益は49億2300万ドル、1株あたり7.06ドルだった。連結売上高は前年同期比18%増の213億2900万ドル、非GAAP利益は1株あたり8.67ドルだった。

 ウォール街の予測は、売上高207億7000万ドル、1株あたり利益8.10ドルだった

 投資家らはこの結果に満足したようで、Alphabetの株価は時間外取引で5%上昇し、同社の時価総額は5540億ドルとなった。これにより、Alphabetは世界で最も時価総額が高い企業となった。これまでは時価総額5410億ドルのAppleがこの地位にあった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社