お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

グーグル、アップルに10億ドル支払いか--「iOS」端末での検索バー表示

2016/01/25 10:42
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Bloombergの記事によると、Googleは2014年、「iOS」搭載デバイスに検索バーを維持するためAppleに10億ドルを支払ったという。この件は、OracleとGoogleが長年にわたって争っている著作権侵害訴訟の裁判記録をBloombergが調査した中で明らかになった。この支払いは2社間の売上分配契約の一環で、同契約では、Appleのデバイスを通じて発生するGoogleの売り上げの1%をAppleが得ることになっていると、Oracleの弁護士は米国時間1月14日に米連邦裁判所で開かれた審理の中で述べた。

 2社間で結ばれたとされる契約は、世界のスマートフォンの過半数に搭載されているOS「Android」を開発したGoogleにとって、可能な限り多くの画面に検索バーを表示することが、いかに重要かを示している。その重要度は、最大のライバルであるAppleに金を支払うことで万全を期すほどである。

 サンフランシスコで開かれた1月14日の審理でこの契約内容が開示されたことは、一部の人々を憤慨させたようだ。Google側の証人が、公判前手続きの質問時に「一時は売上分配が34%だった」と述べたことが明らかになった後、Googleの弁護士はすぐに異議を唱え、裁判所記録からこの発言を削除させようとしたと、21日に掲載されたBloombergの記事は伝えている。

 Bloombergが調べた裁判所記録によると、弁護士のRobert Van Nest氏は次のように述べたという。「たった今述べられた比率は、封印されるべきものだ。われわれはここで推測に基づく話をしている。それは公に知られた数字ではない」

 米地方裁判所のWilliam Alsup判事がこの要求を拒否した後、GoogleとAppleは、裁判所記録の非公開と修正を求める要望書を裁判所に提出した。Bloombergによると、その後間もなく、この記録が電子記録から消えたという。

Googleは、iOSデバイス上で検索バーを維持するため、Appleとの売上分配契約を結んでいると報じられた。
Googleは、iOSデバイス上で検索バーを維持するため、Appleとの売上分配契約を結んでいると報じられた。
提供:Jason Cipriani/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社