お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

リクルートとサイバーエージェント、両社で新事業を生み出すプロジェクト

2016/01/12 15:52
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リクルートホールディングスの事業育成機関であるMedia Technology Lab.とサイバーエージェントは1月12日、新規事業創出のための共同プロジェクト「FUSION(フュージョン)」を始動すると発表した。

提携

 FUSIONは、リクルートの新規事業提案制度「Recruit Ventures」の事業開発スキームを用いて、リクルートとサイバーエージェント両社の従業員で編成される起案チームで新規事業を検討するオープンイノベーションプログラム。

 リクルートホールディングスによると、創業以来、従業員による新規事業提案を実施し、1990年からイノベーション(新規事業)提案制度「New RING」として毎年開催している。また、この制度から「ゼクシィ」「ホットペッパー」「R25」「受験サプリ」といった新規事業が生まれるとともに、リクルートの新規事業創造や事業変革への前向きな社内風土が培われてきたという。

 2012年分社化以降、New RINGが担ってきた新規事業開発に関しても、今後は、各社領域における新規事業開発は各社で推進することになる。リクルートグループが横断で取り組む新規事業制度としては、2014年4月より「Recruit Ventures -New Ring-」を開始するとしている。

 また、サイバーエージェントも2004年より継続的に社内事業プランコンテストを実施し、「あした会議」や「NABRA」など、社内から新規事業を生み出す仕組みから、多くの事業が生み出されてきたという。

 サイバーエージェントによると、社内での活発な新規事業創出の共通した背景を持つ2社が、それぞれの新規事業創出ナレッジやノウハウを共有して活用。社会課題解決のためのさらなるイノベーションを生み出すべく、共同プロジェクトを開催することになったと経緯を説明している。

 新規事業検討・起案は、両社従業員混合で編成されたチームで実施し、両社合同のミートアップイベントやアイデアソンなどを行いながら、1次審査(書類)・2次審査(ピッチ)を経て実証実験を行った後、秋から冬にかけて事業化を懸けた最終審査を実施する予定。また、最終審査では、サイバーエージェントの代表取締役社長である藤田晋氏が審査員として参加するという。

「FUSION」全体スケジュール(予定)
「FUSION」全体スケジュール(予定)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社