お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ゲーム大手Activision Blizzard、eスポーツ団体MLGの事業を買収

2016/01/05 11:40
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゲーム大手のActivision Blizzardが自社のeスポーツ事業で戦力強化を狙う。Activision Blizzardは、Major League Gaming(MLG)の事業を買収すると発表した。

 戦争を題材にした人気シューティングゲーム「Call of Duty」の発売元であるActivisionは、MLGのほぼすべての資産を4600万ドルで獲得すると報じられていた。MLGは、eスポーツ関連ビデオゲームを専門とする大会やストリーミングサービスを運営する団体で、ライブやインターネット上でプロゲーマーが観客の前で対戦する様子が視聴できる。業界紙eSports Observerによると、MLGの取締役会は米国時間12月21日の臨時会議でこの売却を承認したという。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社