お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

グーグル、データセンターを公開--Street Viewツアーも提供

2012/10/18 08:13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ほかの業界から見ると風変わりな動きだろうが、ウェブの大手企業が、自社のデータセンターの公開に乗り出している。Googleも米国時間10月17日、Where the Internet Livesサイトを開設し、オンラインのフォトギャラリーやStreet Viewツアーを通じて同社のデータセンターを披露した。

 Googleデータセンターのツアーとは興味深いが、報道陣に好意的な態度を見せるその動機を探ってみるのも面白い。GoogleのほかにFacebookも先ごろ、米CNETのJack Clark記者にデータセンターを公開している。そんな両社にとって重要なのは、以下の観点で顧客との絆を築くことだろう。

  • データのプライバシー
  • 信頼
  • クラウドにおける顧客情報の保管
  • 必要なときにデータを提供する能力

 そのため、GoogleやFacebookといった企業は、自社のデータセンターに対する取り組みをオープンにし、最先端技術への理解や業務に対する自覚を顧客にアピールする必要がある。そこでカスタムサーバ、ハードディスクの破壊方法、バックアップシステム、24時間体制のアップタイムに関する情報を提供している。

 データセンターがクラウドにおける競争上の差別化要因であることは間違いない。この様子では、独自のクラウド技術をアピールする必要性にかられてAppleまでも公開に踏み切る可能性すらある。Microsoftも、同社の「Azure」サービスの推進に向けて自社のデータセンターを公開する可能性のある企業の1社かもしれない。もっとも、Googleが「Amazon Web Services」の領域に何らかの形で食い込んでくることのない限り、Amazonがデータセンターを公開する可能性は低いだろう。

 データセンターが競争優位性の鍵を握ることは、企業の間で何年も前から知られていたことである。GoogleやFacebook、そしてクラウド提供企業にとって、優れたデータセンターはセールスポイントなのである。


サーバルーム

グーグルのカスタムサーバ

ネットワークルーム

テープのバックアップ

ハードディスクを破壊する様子

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目コンテンツ

本日の主要記事

注目のキーワード

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社