お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

大学生向けマーケティングコンテスト「applim+」優勝チームの企画はアプリとして実装

2011/07/05 18:50
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 学生団体applimは、大学生向けのマーケティングプランコンテスト「applim+」のエントリーを開始した。エントリー期間は7月4日から7月24日まで。特設サイトにて応募できる。

 学生団体applimは、青山学院大学、駒澤大学、昭和女子大学、千葉大学、東京大学、早稲田大学の学生を中心に2010年4月に発足。これまでに2度、ソーシャルアプリとスマートフォンアプリをテーマにしたマーケティングプランのコンテストを開催している。

 今回開催するapplim+では、現役学生が3名から6名のチームで参加。ソーシャルアプリおよびスマートフォンアプリのプラットフォーム上に実装可能な企画を1カ月間作り込み、競うというもの。企画の対象となるのは、資生堂の「マジョリカマジョルカ」、日本コカ・コーラの「ジョージア」の2ブランド。それぞれ50チームのエントリーを受け付ける。優勝チームの企画は、実際にアプリとして実装される。

 コンテストは、オプト、グリー、サイバーエージェント、ドリコム、博報堂、博報堂DYメディアパートナーズなどの企業が運営を支援。審査にはブレークスルーパートナーズの赤羽雄二氏のほか、大手広告代理店のクリエイターやソーシャルメディアマーケティングの有識者などが参加する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目コンテンツ

本日の主要記事

注目のキーワード

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社