お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

モトローラ、アップルを特許侵害で提訴

2010/10/07 10:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 携帯電話メーカー大手のMotorolaが、18件の特許を侵害しているとしてAppleを提訴した。

 Motorolaは米国時間10月6日、自社のウェブサイトに掲載した声明で、Appleが「iPad」「iPhone」「iPod touch」ならびに一部の「Mac」コンピュータ、および「MobileMe」や「App Store」を含む関連サービスに、Motorolaが開発した技術を組み込んだと述べている。

 Motorola側が特許侵害を指摘している技術は、「W-CDMA(3G)、GPRS、802.11およびアンテナ設計などの無線通信技術に加え、無線電子メール、近接センサ関連技術、ソフトウェアアプリケーション管理、位置情報ベースのサービス、マルチデバイス同期を含む主要なスマートフォン関連技術」に関するものだ。

 Motorolaは米国際貿易委員会(ITC)にAppleの調査を要請したとのことで、Appleに対しては、特許侵害の疑いがある製品の販売を中止するよう求めている。訴状はイリノイ州北部地区連邦地方裁判所とフロリダ州南部地区連邦地裁に提出された。

 Motorola Mobilityで知的財産担当コーポレートバイスプレジデントを務めるKirk Dailey氏は、次のように述べた。「Appleが他社に遅れて電気通信市場に参入して以来、われわれは長期にわたり交渉を重ねた。だがAppleはライセンスの取得を拒否してきた。われわれとしては、Appleによる継続的な特許侵害をやめさせるために、これらの訴状を提出せざるを得なかった」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社