お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日本HPとMS、統合オペレーショナル・データ・ストアソリューションで協業

2008/07/08 10:46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP、小出伸一社長)とマイクロソフト(MS、樋口泰行代表執行役)は 7月7日、無停止型ブレードシステム「HP Integrity NonStop NB50000c BladeSystem」と「Microsoft SQL Server 2005」を連携し、業務データをリアルタイムに統合・可視化する「統合オペレーショナル・データ・ストア」ソリューション分野で協業をすることを発表した。

 メインフレームで分散した業務システムを展開している企業に対し、日本HPの「NonStop BladeSystem」をはじめとする「HP Integrity NonStopサーバ」、MSの「SQL Server 2005」と「Microsoft Office 2007」を連携することで、「統合オペレーショナル・データ・ストア」ソリューションを提供する。

  4080CPUまで対応し、小規模から大容量データまでの拡張性を実現。いつでもデータをオンラインで抽出や変換、更新が可能になり、エンドユーザーから見るとオンラインで閲覧・追加・加工することができるようになる。さらに、「SQL Server 2005」のOLAP機能、オンライン中の帳票機能などによりダイナミックなデータ活用を実現していく。また、Excelなど使い慣れた Microsoft Office製品群で利用できるほか、メインフレーム接続など各種レガシープロトコルまでサポートし、オンライントランザクションデータと大容量履歴データの混在・活用環境を実現も可能。

日本ヒューレット・パッカード
マイクロソフト=http://www.microsoft.com/japan/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社