お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ゲイツ財団、世界の健康問題の解決に向け1億ドルの資金を提供

2008/04/01 14:51
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 科学的な大問題があると、何らかの団体が即座に数百万ドルの提供を申し出て、民間から解決策が出てくるのを待つのが、最近の風潮であるように思える。

 Bill & Melinda Gates Foundationは、史上初のイニシアチブ「Grand Challenges Explorations」で世界の健康問題に対して同じようなアプローチをとっている。同財団は米国時間3月31日、伝染病から人々を守る斬新なアイデアやワクチン、薬物送達システム(DDS)に1億ドルの資金を提供する意向を表明した。

 もちろん、Bill & Melinda Gates Foundationはこれまでにも世界の健康に関するプロジェクトに資金を提供している。だが同財団によれば、このイニシアチブが他のプロジェクトと異なる点は、助成金提供プロセスの迅速さにあるという。申請者は2ページの申請書をオンラインで提出するだけでよく、研究計画に関する事前データの提供は必要ない。アフリカやアジアなど発展途上国の出身者を含め、世界の健康問題に専門的に携わっていない科学者の提案も対象になる。

 オンラインによる申請は、2008年5月30日まで受け付ける。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社