お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

L・レッシグ氏、米議会選挙への出馬を断念

2008/02/26 18:20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Creative Commons」ライセンスの設立者でスタンフォード大学ロースクールの教授であるLawrence Lessig氏は、米国時間2月26日早朝に動画を投稿し、米連邦議会選挙への出馬を見送ったことを明らかにした。同氏が立候補を検討していた選挙区はサンフランシスコ市の西端からシリコンバレー一帯にわたる地区で、11日に民主党のTom Lantos議員が死去したことにともない空席となっている。Lessig氏は20日に、補欠選挙への出馬を検討していることを明らかにしていた。

 出馬見送りは事前調査の結果によるものだとLessig氏は語った(詳しくはCNETのLessig Blog)。同氏が雇った世論調査会社の調べにより、同氏が選挙戦に勝つ「可能性はまったくなく」、確実に「大敗北を喫する」ことがわかったのだという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社