お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

衛星放送のEchoStar、企業分割を申請

2007/12/10 19:29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 衛星放送サービス大手の1つであるEchoStar Communicationsが、企業分割を申請した。

 技術系ブログ「GigaOM」が見つけた米証券取引委員会(SEC)への申請書の内容によると、EchoStarは事業を2つに分け、衛星放送サービスをDISH Networkが、固定衛星通信サービスとセットトップボックス事業をEchoStar Holding Co.(EHC)が、それぞれ担当することになる。

 現在EchoStarの会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるCharlie Ergen氏は、この肩書きのまま、2つの会社を率いる予定だ。

 EHCには、EchoStarが2007年10月に3億8000万ドルで買収したSling Mediaが編入される。Sling Mediaの「Slingbox」は、EHCが他のケーブル放送事業者や衛星放送事業者に販売するセットトップボックス製品ラインに加えられる見込みだ。

 EchoStarについては、衛星サービス「AT&T-DISH Network」ですでに提携関係にあるAT&Tが買収に関心を持っているとの噂が、2007年に入ってから流れていた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社