お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ケータイのスリム化に追い風--シャープ、薄さ2.2mmのCMOSカメラモジュールを開発

2007/12/06 20:31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは12月6日、携帯電話などのモバイル機器向けに、厚さ2.2mmを実現した光学サイズ「1/10型35万画素(VGA)CMOSカメラモジュール RJ6ABA100」を開発したと発表した。2008年1月中旬よりサンプル出荷を開始する。

RJ6ABA100

 新しいCMOSカメラモジュールは、VGAサイズのCMOSセンサの採用により、同社の従来品と比べて3倍以上の高画素化を実現した。VGAサイズで、1秒間に30フレームの動画撮影が可能だ。

 また、光学設計の最適化や高密度実装技術を駆使し、小型化(体積約20%減)と薄型化(約10%減)に成功。同社によると厚さは業界最薄サイズになるという。

 なお、同社従来品との互換性を持ち、CIFカメラモジュールからVGAカメラモジュールへの置き換えが容易に行える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社