お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

インテルとノキア、WiMAXで協業

2007/09/27 15:41
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IntelとNokiaは米国時間9月26日、2008年にSprint Nextelが最新のWiMAXサービスの一部を開始する際に、WiMAXをサポートした端末を市場に投入するために協業していることを明らかにした。

 2社はシカゴで開催された「WiMAX World Tradeshow」にてこの協業を発表した。これにより、Intel製WiMAXチップとNokia製ノートPC端末の相互運用性を確保するという。Intelはまた、Nokia Siemens Networksとも協業し、Intel製チップとNokia Siemens製ネットワーク機器との相互運用性を確保する。

 WiMAXはWi-Fiよりも広い伝送範囲を持ち、セルラー技術よりも高速な伝送速度を実現する無線技術で、IntelとNokiaは共にWiMAXを強力にプッシュしている。そして、2社とも、全米でWiMAXネットワークを構築中であるSprint Nextelに技術と機器を提供している。

 Intel、Nokia、Nokia Siemens Networksの3社は、すでにヴァージニア州ハーンドンにあるSprintのラボで、自社機器と数社のベンダーの機器との互換性検証を開始しているという。3社は早期に互換性を検証することで、他社端末と自社製品との動作検証確認時間を短縮でき、最終的にはWiMAX技術の受け入れを促進し、市場へ高速に製品を投入できるとしている。

 Intelのモバイルワイヤレス事業部ゼネラルマネージャ、Raviv Melamed氏は、「Intel、Nokia、Nokia Siemens Networksは、ユーザーがWiMAXの可能性を十分に活用できるようにする共同責任を認識している」と声明文で述べている。「つまり、ネットワークの背後にあるインフラ技術とこのネットワークにアクセスする端末がシームレスに動くことが必要だ」(Melamed氏)。

 Intelは2005年より、MotorolaとモバイルWiMAXの相互運用性で協業している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社