お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

DACとmediba、携帯キャリア向け行動ターゲティング広告を開発

2007/09/03 19:19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)とmedibaは9月3日、au携帯電話インターネットサービス「EZWeb」のポータルサイト「au one」向けに行動ターゲティング(BT)広告の商品開発を開始し、今秋より販売すると発表した。

 DACの持つBT導入実績と、モバイル広告配信に関する技術力と知見、medibaのモバイルサイトに関する経験とノウハウを結集し、新たにモバイルサイトでのBT広告の方式を共同で開発する。

 このモバイルBT広告商品の特徴は、例えば「自動車」や「ゲーム」、「音楽」など、au oneにおける専門性の高い携帯コンテンツを訪れたユーザーの行動や閲覧履歴に基づき、medibaが提供する「ニュース」や「検索結果ピクチャー」などの広告枠に広告配信することだ。

 具体的には「特定分野のコンテンツを閲覧する」などの行動履歴情報を蓄積、分析することにより、広告主にとっては、該当企業のサービス・商品への購買意欲を持つターゲットユーザーへの的確なリーチが可能となる。

 一方、ユーザーにとっては、自分の興味・関心の高いカテゴリーのモバイル広告が配信されるメリットがある。

 今回の取り組みは、PCインターネットのBT広告を米国・欧州で展開しており、DACが日本独占契約を持つ米国レベニュー・サイエンス(RSI)の技術協力により実現した。モバイル広告へのBT広告手法の本格導入は日本初であり、世界でも最先端の試みとなるとDACでは説明する。

 DACでは今後、RSIと共同で、行動履歴情報の提供元および広告配信先を段階的に拡大していく予定。また、モバイルとPCの連携や、コンテンツや会員属性など、他のデータ(個人を特定する情報は除く)との組み合わせによるBT広告商品の開発・提供も検討していくという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社