お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

レーザーを用いてハードドライブを高速化--オランダで発表

2007/07/06 16:24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オランダの研究者らが、レーザーを使って磁気ハードドライブの速度を100倍に高める方法を考案したと発表した。

 オランダのラドバウド大学のInstitute for Molecules and Materials所属のDaniel Stanciu氏が発表した論文には、超高速偏光パルスを使ってハードディスク上の領域を熱し、同じ光を使ってそれらの領域の極性を変化させる方法が記されている。Science誌の記事によると、レーザーパルスの極性を反転させることにより、ディスク記憶媒体の極性も反転するという。

 この件に関するStanciu氏のコメントは得られなかったが、Physical Review Lettersに掲載の抜粋の中で、同氏は次のように述べている。「われわれは、1つの40フェムト秒円偏光レーザーパルスによって、磁場を応用することなく、磁化を再生可能な方法で反転させることが可能だということを実験的に実証している」

 Stanciu氏によると、この光誘起の超高速磁化反転はこれまで不可能とされてきたという。しかし、フェムト秒レーザー加熱により、磁気系の温度をキュリー点に届かないギリギリの温度まで上昇させ、同時に円偏光が磁場の機能を果たすことにより実現した。

 これまでも磁気光学記憶装置に類似の作用が使われてきたが、それらの装置に使用された磁場は従来の方法によって応用され、レーザーによって応用されたわけではない。

 Science誌によると、Stanciu氏は10年以内に実用レベルのプロトタイプを発表する予定だという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社