お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

サン、投資会社KKRから役員受け入れ--7億ドルの出資条件として

2007/05/01 16:06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sun Microsystemsは4月26日、投資会社Kohlberg Kravis Roberts(KKR)で上級顧問を務めるMichael Marks氏を取締役会に迎え入れることを発表した。これは、KKRが2007年に入ってSunに7億ドルを出資すること決定した際に、条件として取り決められたものだ。KKRは公開企業を買い取るバイアウト企業として知られているが、Sunとの取引では、バイアウトを除外するスタンドスティル協定が現時点で結ばれている。

 Marks氏は、2006年にKKRに入社する前には、電子機器製造企業のFlextronicsの最高経営責任者(CEO)だった人物で、現在でもFlextronicsの会長を務めている。Marks氏はまた、KKRのポートフォリオ企業3社(Aricent、Avago Technologies、Accellent)の役員会メンバーでもあり、SanDiskとSchlumbergerでも役員を務めている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社