お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ノートPCにワンチップチューナーICを--インテル投資部門が新潟精密に10億円投資

2007/04/26 18:40
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インテル キャピタル ジャパンは4月26日、無線IC製品を開発する半導体企業の新潟精密に10億円を投資したと発表した。

 新潟精密は、高密度実装の受託生産、および独自のミックスドシグナル技術を応用した各種の無線IC製品を開発するファブレスの半導体企業。CMOS(相補型金属酸化膜半導体)技術によるワンチップのFM/AMラジオICや、音声・画像処理用ICなどを開発している。

 インテル キャピタルによる今回の投資は、インテルのマイクロプロセッサを搭載したノートブックPCや将来のウルトラモバイルPC(UMPC:超小型モバイルPC)に向けて、ワンチップFM/AMラジオICや地上デジタルTVチューナーの開発を促進するためだ。

 インテル キャピタルは、投資の背景について、「ノートブックPCを用いたデジタルエンターテインメントの利用形態が普及するにつれ、このようなワンチップのチューナーICに対する需要が高まっている。また、インテルと新潟精密は、新潟精密の開発するこれらのIC製品を国内外の機器メーカーに紹介し、ノートブックPCやUMPCの新たな利用形態を提案していく」としている。

 新潟精密では、インテル キャピタルからの投資を受け入れ、経営基盤を強化する。同社 代表取締役社長の池田毅氏は、「事業面でインテルとも協力することで、ノートブックPCやUMPC用のチューナーICを開発し、日本のみならず海外でもこれらのチューナーICの普及を加速させたい」と述べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社