お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

フォトレポート:欧州で開催モーターショー--コンセプトカーや往年の名車が登場

2007/03/30 20:50
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 オランダとドイツでそれぞれ自動車イベントが開催されている。環境に配慮した次世代コンセプトカーから、往年の名車まで、さまざまな車両が欧州に結集した。アムステルダムで開催のモーターショー「AutoRAI 2007」では、BMWの水素自動車「Hydrogen 7」、トヨタ自動車の無公害車「Fine-T」、ディーゼルエンジンを搭載した「Mini Cooper」など新型の車両が各社で披露される。写真はAutoRAIに登場した車両「Common」。オランダの工科大学であるトエンテ大学、デルフト工科大学、アイントホーフェン工科大学が合同で設計した。3校は2月に「3TU Federation」というプロジェクトを立ち上げ、ハイテクシステムや、ナノテクノロジ、持続可能なエネルギーの研究に取り組んでいる。
 オランダとドイツでそれぞれ自動車イベントが開催されている。環境に配慮した次世代コンセプトカーから、往年の名車まで、さまざまな車両が欧州に結集した。アムステルダムで開催のモーターショー「AutoRAI 2007」では、BMWの水素自動車「Hydrogen 7」、トヨタ自動車の無公害車「Fine-T」、ディーゼルエンジンを搭載した「Mini Cooper」など新型の車両が各社で披露される。写真はAutoRAIに登場した車両「Common」。オランダの工科大学であるトエンテ大学、デルフト工科大学、アイントホーフェン工科大学が合同で設計した。3校は2月に「3TU Federation」というプロジェクトを立ち上げ、ハイテクシステムや、ナノテクノロジ、持続可能なエネルギーの研究に取り組んでいる。
Scroll Right Scroll Left

 オランダとドイツでそれぞれ自動車イベントが開催されている。環境に配慮した次世代コンセプトカーから、往年の名車まで、さまざまな車両が欧州に結集した。アムステルダムで開催のモーターショー「AutoRAI 2007」では、BMWの水素自動車「Hydrogen 7」、トヨタ自動車の無公害車「Fine-T」、ディーゼルエンジンを搭載した「Mini Cooper」など新型の車両が各社で披露される。写真はAutoRAIに登場した車両「Common」。オランダの工科大学であるトエンテ大学、デルフト工科大学、アイントホーフェン工科大学が合同で設計した。3校は2月に「3TU Federation」というプロジェクトを立ち上げ、ハイテクシステムや、ナノテクノロジ、持続可能なエネルギーの研究に取り組んでいる。

提供:Rick Nederstigt/AFP/Getty Images

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社