お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ジャストシステム、日本語テストの結果を発表、60代以上の男性が1位に

2007/03/30 12:17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャストシステムは、パソコンや携帯電話から、クイズ形式で日本語のレベ ルを調べることができるテスト「ATOK & 一太郎presents 第二回 全国一斉! 日本語テスト」の結果を発表した。実施期間は1月10日から2月28日で、総受 験者数は約33万人。

 「漢字」「表記」「文法」「敬語」「マナー」「語彙」の6分野についてク イズ形式で参加者のレベルを判定するテストで、パソコン版の今回の総合平均 点は100点満点中63.2点だった。

 分野別の正解率は、「文法」に関する問題は80%、「マナー」は71.8%、 「漢字」「表記」「敬語」は60%台だったが、「語彙」に関する問題は41.6% と低い水準となった。「語彙」の年代別ランキングでは、60代以上が1位とな り、2位が50代、3位は40代と、年齢の高い世代が順に上位を占めた。

 性別・年代別では、60代以上の男性が全体の総合平均点を7.9点上回る71.1 点で第1位を獲得。「漢字」「敬語」「マナー」「語彙」の4分野でも1位とな った。

 今回のテストでは、文化審議会の敬語の指針で話題になった、「お店」「お 食事」などの「美化語」が、ほかの敬語の問題よりも正解率が20-40%と低く、 一般に浸透していないという結果も出た。この点について問題を作成した明鏡 国語辞典編集委員の鳥飼浩二氏は「用語が定着するにはまだまだ時間がかかり そう」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社