お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

SCO第4四半期決算--UNIX販売不振で売り上げ減少

2007/01/19 13:39
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SCO Groupは米国時間1月17日、第4四半期決算を発表し、UNIX販売の不振により売り上げが継続的に悪化しており、損失が拡大したことを明らかにした。

 2006年10月31日に終了した同四半期における売り上げは730万ドルで、前年同期の850万ドルを大きく割り込んだ。また純損失は370万ドル、1株当たり損失は18セントとなった。前年同期にはそれぞれ340万ドルおよび19セントであった。

 SCO Groupは、同社が所有権を主張するプロプライエタリのUNIXコードベースがオープンソースLinuxに含まれているのは不当だとして、NovellやIBMなどの企業を提訴したことでよく知られている。訴訟費用は、同四半期だけで220万ドルに上ったという。同社は、2006年11月1日から始まった2007会計年度にはUNIX事業の好転を望むとしている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社