お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

IBM、購買部門本部を中国に移転へ--ニューヨークオフィスは存続

2006/10/16 16:45
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間10月12日、グローバル調達部門の本部を、現在のニューヨークから中国に移転することを発表した。新しい拠点は、同社がすでに1850人の調達担当従業員を抱える中国の深センに設置する。IBMはまた、今回の移転に伴うニューヨークでの解雇はないことも発表した。IBMのニューヨークオフィスは今後も、グローバル調達部門の一部として機能するという。

 深センのオフィスを率いる最高調達責任者(CPO)のJohn Paterson氏は、これからの時代、グローバルビジネスは「経済状態の必要性、専門知識、オープンな環境」の点から見て最も適したところに事業体を構えるべきだと述べた。IBMは10年以上前から、米国本部に次ぐ規模の調達チームを深センに構えている。IBMによると、年間400億ドルの調達部門の予算のうちの30%をアジアのサプライヤーに費やしており、中国への本部移転は理にかなっているという。今回の移転は、IBMが米国以外にグローバル組織を持つ初めての例となる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社