お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

病院のベッドサイド端末に新聞記事をネット配信--日本IBMなどが実証実験

2006/09/12 15:36
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 高知新聞社、日本IBM、医療サービスのパースジャパンの3社は9月12日、病院のベッドサイド端末へ新聞記事をインターネット配信する実証実験を行うと発表した。9月14日から3日間実施する。歩行が困難な入院患者が、新聞を購入するために売店へ行く手間を省き、読み終わった新聞の処分を不要にするという。

 実験に使うベッドサイド端末は、テレビやビデオの視聴をはじめ、ーネット接続や患者自身の診療履歴閲覧が可能。パースジャパンでは、こうした端末を全国の医療関連機関13施設、約5000床に設置、運営している。

 今回は、パースジャパンと契約する高知医療センターの協力を得て、同施設の590床のベッドサイド端末へ、高知新聞の記事を配信する。日本IBMの技術を使い、印刷前の新聞紙面のデジタルデータを電子新聞化して提供する。ストリーミング方式により、端末側での描画を高速、円滑化するという。

 入院患者は端末のタッチパネルに指で触れることで、読みたい部分の拡大や、画面のスクロールが行える。また今後は特定の部分から動画や関連記事にリンクする機能も追加するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社