お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

マイクロソフト、セキュアアクセス企業Whaleの買収を完了

2006/07/27 12:50
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが、Whale Communicationsの買収を完了した。Whale Communicationsは、SSL VPN技術をはじめとする、企業クライアント向けのセキュアアクセス製品メーカーだ。2006年5月に同社の買収を発表していたMicrosoftは、今回の買収によって、特にSSL VPNおよびウェブアプリケーションファイアウォールを中心とした、フル装備のセキュリティアクセスプラットフォームを企業に提供していくMicrosoftの計画が前進すると話している。これまでのところ、Microsoftはこうした取り組みを順調に進めることができないでいた。

 ニュージャージー州フォートリーに拠点を置くWhale Communicationsは、公式ウェブサイトの中で、同社の現在の立場は「Microsoftの子会社」になるとしている。Microsoftが最近買収した企業は、Whale Communicationsだけではない。Microsoftは7月初めに、Windowsのユーティリティメーカーである Winternalsを買収した

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社