お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

SUSE LINUX、ドイツの税務当局で導入が開始

2006/06/12 16:13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドイツのニーダーザクセン州の税務当局が、1万2000台のデスクトップPCにSUSE LINUXとKDEオープンソースデスクトップ環境を導入する。同州の州都ハノーバーの税務署によると、そのプロジェクトは「(同署内の)ITの歴史の中でも最も重要なプロジェクトの1つ」だという。同税務署は2002年から現在までSun MicrosystemsのSolaris x86 Ver.2を使用してきた。

 ドイツのKDEコミュニティの会長で、コンサルタント会社BasysKomのマネージングディレクターも務めるEva Brucherseifer氏によると、システムの移行プロセスはピークを迎えており、毎日300台ずつシステムの入れ替えが行われているという。同プロジェクトは2004年から計画されていたが、実際に移植が開始されたのは2006年4月からで、同年9月に完了予定だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社