お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

マイクロソフト、P・モリニュー氏創業のゲーム開発企業を買収

2006/04/07 13:58
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが英国のLionhead Studiosを買収した。Lionheadの創業者Peter Molyneux氏は、業界で最も有名なビデオゲーム開発者の1人である。

 発表は米国時間4月6日、Microsoft Game StudiosLionhead共同で行われた。Lionheadの代表作は「Fable」「The Movies」「Black & White」など。本買収の金銭的な条件は明らかにされなかった。

 両社によれば、Lionheadは今後、「Xbox 360」とWindowsプラットフォームのに対応したゲームの開発に専念するという。業界観測筋は、この選択は賢明だと評価する。LionheadとMicrosoft Game Studioは既に緊密な協業関係にあり、XboxやWindowsのみに対応するゲーム「Fable」の売上は累計200万個以上にのぼるからだ。

 アナリスト企業DFC IntelligenceのプレジデントDavid Cole氏によると、Microsoftの戦略は「(企業との仕事の)実績が良好で協業がうまくいけば、その会社を買収するというものだ」と言う。「実績の分からない会社を探し出して買収するより、賢明なやり方だ」(Cole氏)

 Microsoftはこれまでにも、「Halo」や「Halo 2」などのヒット作を開発したBungieや、Ensemble、Rareなどのゲーム開発企業も買収したうえで、各社の自律性を大幅に許している。

 Lionheadは英国に留まる予定だと、Microsoft StudioのゼネラルマネージャーShame Kim氏は言う。

 今回の買収に関して、MicrosoftはMolyneux氏のような人物を社内に迎えることを非常に喜んでいる。

 「Peter Molyneux氏ほどの才能ある人物とLionheadの優秀な社員をMicrosoft Game Studioに迎えることは、非常に喜ばしいことだ。Molyneux氏には開発したいアイデアがまだまだたくさんあるようだ」とKim氏は述べる

 Cole氏は、Molyneux氏を迎えることはMicrosoftにとって、とても大きなメリットだと認める。

 「Peter Molyneux氏は本当に素晴しい実績と評判を持つ人物だ。そして、彼がゲームを作れば、既存のファンである特定の消費者グループを集めることができる」(Cole氏)

 Molyneux氏自身も、LionheadのMicrosoftとの業務関係を賞賛し、Microsoftがこれまでに蓄積した膨大なリソースにアクセスできようになるのを楽しみにしていると語った。

 「独立系の開発会社がゲーム全体を開発するのは非常に難しい。戦略的な観点から見ても、これは両社にとって理にかなっている」と同氏は言う。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社