お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

アップル、役員の新人事を発表--iPod部門の統括者が交代へ

2005/10/17 13:27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apple Computerは、iPod部門の統括者が2006年に退職することを控え、同部門の新しいリーダーをはじめとする新人事を発表した。

 Appleは米国時間14日、Jon Rubinsteinが務めてきたiPod部門シニアバイスプレジデントの業務を2006年より、Tony Fadellに引き継がせることを発表した。Tony Fadellは現在、AppleでiPodの開発作業をまとめる役割を担っている。Rubinsteinは2006年3月に退職する予定だ。

 Appleはまた、COOにTim Cookを採用することも発表した。Cookは現在、同社のCSO(Chief of Sales:最高セールス責任者)を務めており、2004年にCEOのSteve Jobsががんの手術を受けて休職した際にも、CEO職を代行した経験を持つ。

 Cookは1998年にAppleに入社し、3年前よりワールドワイドセールス&オペレーション担当エグゼクティブバイスプレジデントを務めている。Cookは今後も引き続き全世界の営業部隊をまとめ、Macintosh部門を率いる予定だ。

 「Timはこの2年間、エグゼクティブバイスプレジデントとして活躍してきた。Timの功績を昇進という形で公式に認める良い時期がきた」とJobsは声明で述べている。

 FadellはiPodの作業に加わるため、2001年にAppleに入社した。それ以前は、Philips Electronics、General Magicに勤務した経験を持つ。Jobsは声明で「Tonyは、iPodの開発チームの大部分の作業を指揮しながら、すばらしい功績を上げてきた。業務の引継ぎも円滑に行われるものと考えている」と述べた。

 Appleは先週、ビデオ再生機能を持つ最新のiPodを発表した。iPodはこの数年間、Appleの復活を支える役割を担っている。Appleは2005年7〜9月に、前年同期比3倍増に相当する650万台のiPodを販売した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社