お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ジャストシステムが逆転勝訴--「一太郎」ヘルプボタン訴訟

2005/09/30 16:55

 ジャストシステムのワープロソフト「一太郎」とグラフィックソフト「花子」に自社の保有する特許を侵害されたとして、松下電器産業がこの2つのソフトの販売差し止めや製品の破棄などを求めた訴訟の控訴審判決で、知的財産高等裁判所は9月30日に原判決を取り消し、ジャストシステムの逆転勝訴を言い渡した。

判決の内容は、(1)原判決を取り消す、(2)被控訴人の請求をいずれも棄却する(3)訴訟費用は第1、2審とも被控訴人の負担とするという3点だ。ジャストシステムは「今回の知的財産高等裁判所の大合議判決は、弊社の主張が認められた公正・妥当なものであると考えている」とコメントを発表した。そして、判決について「ソフトウェアに関連する特許権の行使に対し、一定の歯止めをかけた点で評価できるものと考えている」とし、ユーザーに向けても「今後も問題なく一太郎と花子を利用、購入することができる」とした。

 これに対して、松下は「控訴理由に対する当社の反論が認められず、高裁で新たに提出された資料により、特許無効の判断が示されたことは、大変残念に思う」とし、今後の対応については「判決の内容を詳細に検討した上で決定する」とコメントした。さらに「当社は創業以来、知的財産権を尊重する会社であり、第三者の知的財産権を尊重する一方、当社の知的財産権も尊重されるべき、との一貫した方針を堅持している」とも付け加えた。

 この控訴審は、2つのソフトにおいてヘルプボタンをマウスでクリックした直後、更にボタン等をクリックすると、そのボタンの機能説明が表示されるという手順が、松下電器産業の所有する特許に抵触するとして、松下電器産業が販売の差し止めを求めたことに端を発する(関連記事)。

 2005年2月1日に東京地裁は、松下の請求を認める判決を下し、ジャストシステムは、特許侵害の事実はないとして上級審の判断を仰ぐべく、2月8日に控訴した。その後、ジャストシステムは一太郎や花子などのヘルプモードデザインを変更するプログラムを3月2日から配布するといったこともあったが、控訴審における最終の口頭弁論は7月15日に終了していた。

今回の訴訟の経緯

  • 2004年8月5日
    松下電器産業、東京地方裁判所へ提訴
  • 2005年2月1日
    東京地方裁判所 判決
  • 2005年2月8日
    ジャストシステム、東京高等裁判所へ控訴
  • 2005年5月9日
    知的財産高等裁判所で初の大合議案件に(※)
  • 2005年7月15日
    知的財産高等裁判所 大合議結審
  • 2005年9月30日
    知的財産高等裁判所 判決

※大合議案件:原則として裁判は3人の合議体で行うが、短期間で判断しなければならない重大な案件の場合は、5人の合議体である特別部(大合議部)が審理して迅速に進める

PRSpecial

なぜ、ここまでグループウェアの社内提案は難しいのか

グループウェアに立ちはだかる、見えない「思い込みの壁」とは?
疑問を整理し、思い込みを解消するポイントを紹介

アウトドアグッズ

アウトドアグッズ
BBQや山登りなど自然の中に出かけよう

はじめての家庭菜園

はじめての家庭菜園
お庭やベランダで夏野菜を栽培してみよう

メンズスタイルブック

メンズスタイルブック
自分にぴったりのスタイルを見つけよう

最新デジカメガイド

最新デジカメガイド
最新デジカメ情報が満載!見逃せない

新作ビデオカメラ特集

新作ビデオカメラ特集
高画質でコンパクトな人気モデルが大集合

スマホアクセサリー

スマホアクセサリー
ケースや便利アイテムなど続々ご紹介

特集 by 楽天市場

-PR-企画特集

企画特集一覧

注目コンテンツ

本日の主要記事

注目のキーワード

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社