お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

HP元CEOのルー・プラットが死去

2005/09/12 15:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Hewlett-Packard(HP)の最高経営責任者(CEO)として活躍し、Agilent Technologiesの分社化を主導したLew Plattが米国時間8日、脳動脈瘤で死去した。享年は64歳だった。

 2003年以降、Plattは、リードディレクターとして航空宇宙産業大手Boeingに勤務していた。同社は近年、多くの難題に立ち向かっていた。

 Boeingの社長兼CEOのJim McNerneyは米国時間9日「会社がその手堅い手腕を最も必要としているときに、Lewは、強さ、優雅さ、威厳、誠実さをもってわれわれを導いてくれた。彼は思いやりのある人間だった。Boeingの近頃の回復基調が減速しないように、Lewは自身の引退や個人的な計画を後回しにしてくれた」と声明文で述べた。

 もっとも、Plattが企業幹部として最大の名声を誇ったのは、HPのCEOを務めていた1992年から1999年にかけてである。

 Plattは、コーネル大学とペンシルベニア大学ウォートンビジネススクールを卒業後、HPに1966年に入社し、CEO職まで登りつめた。Plattの長期にわたる在職期間には、良い面も悪い面もあった。従業員の忠誠を奨励した「HP Way」は、Plattの在職中に全盛を迎えた。情報筋によると、Plattは、女性の幹部を不公平に評価しないことを奨励していたという。その影響もあり、同社ではAnn Livermoreなどの女性幹部が誕生している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社