お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日本製コンテンツの海賊版販売者、香港で続々と懲役刑

2005/08/18 20:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コンテンツ海外流通促進機構(CODA)は8月18日、香港で日本のコンテンツの海賊版を販売した容疑で逮捕、起訴されていた販売店管理者らに対して、現地の裁判所から著作権侵害罪による懲役刑の判決が下されていると発表した(下表)。

香港で相次ぐ日本コンテンツの海賊版販売者らの判決
取締日 店舗名 押収量 被告 裁判 判決
2005年
3月23日
信和中心内2階店舗

1510枚
(DVD)

海賊版販売店管理者 2005年6月9日
2005年 6月30日
2005年6月30日
懲役2か月
(確定)
2005年
3月23日
信和中心内「Cartoon Club(動画廊)」 310枚
(DVD)
海賊版販売店管理者 2005年7月26日 2005年7月26日
懲役14か月
(確定)
2005年
3月23日
信和中心内3階店舗 1003枚
(DVD-R)
235枚
(CD-R)
海賊版販売店管理者 2005年7月4日
2005年7月16日
2005年8月1日
懲役3か月
(確定)
2005年
4月13日
湾仔地区・Computer Centre内2階店舗 2590枚
(DVD)
海賊版販売店管理者 2005年6月13日
2005年6月30日
2005年6月30日
懲役6か月
(確定)
出典:コンテンツ海外流通促進機構

 香港では、2005年3月23日に著作権侵害行為の取締りを所管する香港税関が100人以上の職員を動員して、市内繁華街にあるショッピングビル内の22店舗と倉庫2カ所の家宅捜索を実施し、海賊版販売店などから日本のアニメーションなど約20万枚の海賊版DVD等を押収し、18人を逮捕した。

 また、4月13日には110人の香港税関職員を動員した家宅捜索が湾仔地区9カ所で実施され、日本コンテンツの海賊版2万3100枚が押収され、被疑者9人が逮捕された。

 CODAでは、2005年1月からCJマーク(コンテンツ海外流通マーク)事業に基づく侵害対策活動を、香港や台湾、中国で展開している。CODAの要請を受けた現地取締り当局により、1月から6月までに合計309件が摘発され、日本製の映画やアニメ、テレビドラマ、ゲームソフト、音楽など合計約98万枚の海賊版DVDなどが押収され、合計65人が逮捕された。今後もこれらの逮捕者に対して、順次判決が言い渡される予定だ。

 この中で、特に香港ではCJマーク委員会や香港税関、現地調査機関のMPA(映画協会)との協議のもと、日本コンテンツにかかわる総合的な侵害対策活動が進んでおり、ほかにも以下の成果を挙げた。

  • 5月23日
    「海賊版製造工場」を香港税関職員70人が一斉捜索して海賊版シンジケートを摘発し、2004年1年間の押収量に匹敵する504台の海賊版DVD/CD複製機器(バーナー)などを押収した
  • 6月16日
    香港税関インターネット海賊版対策チームが、オークションサイトを通じた海賊版ソフト販売としては史上最大規模の日本コンテンツ海賊版1万2000枚などを押収した。日本コンテンツの海賊版DVDを販売していた男女2人も逮捕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社