お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

GMOとバリューコマース、アフィリエイト事業の新会社設立--ヤフーとの関係は?

2005/04/25 21:44
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グローバルメディアオンライン(GMO)とバリューコマースは、アフィリエイト事業を行う新会社「GMOアフィリエイト」を4月21日付で設立した。資本金は1000万円で、株主構成はGMOが51%、バリューコマースが49%となっている。新会社の代表は、GMO新規事業担当の井上祥士郎氏が務める。

 GMO 代表取締役会長兼社長の熊谷正寿氏は、GMOの現状として、「GMOはこれまで、利用者数の順位としてはヤフーや楽天に次いで3位(Nielsen//NetRatingsによる2005年4月17日週の週間順位)となっているにもかかわらず、GMOとしてのブランドを全面に押し出す戦略を取って来なかったため、ユーザーがGMOのサービスを利用しているという意識が薄かった」と説明する。その上で、「これは機会損失につながる恐れもある。今後GMOとしてのブランドを統一するため、IDの一元化とポイント制の導入を進め、ユーザーに利益をもたらすアフィリエイトを導入する。そのための第一歩となるのが今回の新会社だ」と述べ、新会社設立の背景について語った。

 また、バリューコマース 代表取締役社長兼CEOのブライアン・ネルソン氏は、「バリューコマースは、広告主として約1000のECサイトと契約し、10万以上のサイトに広告を配信している。1日の広告配信数は3億3000万に及ぶが、GMOアフィリエイトを通じてパートナーのネットワークをさらに強化でき、流通力と販売力の大幅な向上につながる」としている。

左から、GMO社長 熊谷正寿氏、GMOアフィリエイト代表 井上祥士郎氏、バリューコマース CEO ブライアン・ネルソン氏

 合弁会社の役割として、新会社代表となる井上氏は、「バリューコマースのアフィリエイトネットワークとGMOのメディアコミュニティサイトをかけあわせ、広告とメディアの効果的なマッチングを目指す」としている。新会社はまず、GMOの提供する4つのブログサービス(yaplog!、ロリポブログ、AutoPage、JUGEM)などのメディア上にてアフィリエイトサービスを提供し、GMOメディアを利用しているユーザーに新たな収入源を提供する。その上で、こうしたメディアと連携し、バナー広告やリスティング広告、コンテンツマッチ広告などの広告ビジネスを展開する。また、熊谷氏によると、「時期などは未定だが、将来的にはRSS広告配信も展開したい」としている。

 バリューコマースは、ヤフーによる公開買付けが4月12日に完了し、ヤフーのグループ企業となったばかり。これにより、ヤフーでは同社の運営するYahoo!ショッピングにてバリューコマースのアフィリエイトプログラムを導入するほか、今後もYahoo! JAPANの各サービスとバリューコマースのサービスを連携させるとしていた。

 この点についてバリューコマースでは、「ヤフーとGMOでは、分野が違う。ヤフーはECサイトを運営するなど、自社で提供するサービスが多く、分野が広い。一方のGMOは、広告を掲載するためのサイトの数が多い。両社それぞれの強みがあるため、“黒子”としてできることをさまざまな方法で提供したい」(バリューコマース広報)としている。合弁会社の設立にまで至ったのは、GMOより積極的なアプローチがあったためだというが、「バリューコマースはヤフーのグループ企業ではあるが、独立したビジネス戦略を取っている。今後も他社との提携は十分ありえる」としている。

 一方のヤフーとしても、「アフィリエイトという事業の性格上、1社だけとのつきあいではビジネスが成り立たない。アフィリエイトマーケティングは広告事業として今後も拡大が見込まれる。バリューコマースも、今後GMOに限らずさまざまな企業と関係を持ち、事業を拡大するだろう」(ヤフー広報)としている。

 GMOの熊谷氏は、GMOアフィリエイトの売上目標として、「3年後には10億円規模を目指したい」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社