お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ソニーとサムスン、特許クロスライセンス契約を締結

2004/12/14 15:09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーと韓国Samsung Electronicsは12月14日、特許クロスライセンス契約を締結した。半導体技術や業界標準技術など、さまざまな製品開発のベースとなる特許を対象とするが、「独自性を生み出す差異化技術特許とデザインは除く」(両社)としている。

 クロスライセンスの目的について、両社は「保有特許を容易に相互利用できる関係を構築し、それぞれにおけるスピーディかつ効率的な製品開発を実現するため」と説明する。契約はそれぞれの子会社にも適用する。

 クロスライセンスの対象に含めない技術としては、ソニーのデジタル・リアリティ・クリエーション(DRC)やプレイステーションアーキテクチャ、SamsungのDigital Natural Image Engine(DNIe)およびHomeNetworking Technologyなどがある。さらに、TFT液晶関連技術や有機ELディスプレイ関連技術についても、対象から除外する。

ソニーのプレスリリース
Samsung Electronics

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社