お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

EMC、第1四半期決算--新しいソフトウェア部門が貢献

2004/04/16 13:17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 同社の発表によると、3月31日決算の第1四半期の売上高は18億7000万ドルで、前年同期の13億8000万ドルと比べて35%増になるという。利益は1億3980万ドル(1株あたり6セント)で、前年同期の利益3500万ドル(1株あたり2セント)から大幅な伸びとなった。EMCの話では、今年第1四半期の決算には、VMwareの買収費用(1株あたり1セント)やリストラ関連費用が含まれるという。さらに、売上高は過去3年間で最高の伸びを記録したと同社は述べている

 EMCの新しいソフトウェア事業が売上の増加に大きく貢献した。同社の話では、昨年12月に買収したDocumentumが100社以上、また昨年10月に吸収したLegatoが300社の新規顧客を獲得したという。

 なお第2四半期の決算について、EMCは売上高が19億5000万〜19億7500万、利益は1株あたり8セントになると予想している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社