お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ライブドア2004年9月第1四半期決算、業績好調で売上高21億円

2004/02/05 18:26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ライブドア(旧エッジ)は2月5日、2004年9月第1四半期の決算発表を行った。売上高は21億2200万円(前年同期比78.3%増)、純利益は3億3500万円だった。

 ライブドアでは、2002年11月に営業を譲り受けた無料ISPサービス「livedoor」ブランドを活用し、ポータルサイト「livedoor」や各種サービスを提供してきた。今後も、livedoorブランドのサービスを拡充していくとともに、SIPフォンなどの新サービス投入など事業の拡大を図る方針だ。

 事業別に見ると、コンサルティング事業では、戦略コンサルティングとウェブインテグレーションを統合した結果、受注が好転したほか、2003年4月から営業を開始したCRM子会社EXマーケティングが順調で売上高は5億2800万円(前年同期比225.6%増)となった。モバイルソリューション事業では、モバイル向けサイトが好調で、売上高は1億1000万円(前年同期比85.2%増)だった。ネットメディア事業では、ポータルサイト「livedoor」のリニューアルなどを行った結果、売上高は3億400万円(前年同期比212.6%増)となった。イーファイナンス事業では、電子マネー「bitcash」の取り扱いサイトが増え、金融サービス収入が増加したことで売上高9億6500万円(前年同期比3759.6%増)となった。

 また、ライブドアでは、2004年9月期の業績予想を上方修正した。今回の修正で、売上高は171億3200万円(前回発表予想152億円)となる。純利益も17億6200万円(前回発表予想12億2600万円)に修正された。

ライブドア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社