お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デジタル製品

auからも登場!液晶回転AQUOSケータイ--「W51SH」

2007/05/02 00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

液晶がタテヨコに回転するあのスタイルを採用

  • AQUOSケータイ W51SH。液晶を横にしてアンテナを伸ばすワンセグ視聴時のスタイル

 W51SHの特長はなんといってもサイクロイドスタイルの液晶。ソフトバンクで液晶が回転するTVCMが流されたため、ワンセグケータイといえばこの液晶回転を思い浮かべる人も少なくないはず。

 そのW51SHは、独特の液晶だけでなく、ワンセグの機能を充実させて、2Gバイトのメモリーカードに最大10時間の録画をはじめ付属のケーブルでテレビなどに出力する機能など、まさにワンセグ機能を充実させた携帯電話となっている。

  • カメラは背面に搭載。画素タイプでAF機構はない

 ワンセグの視聴方法は簡単で、キーにある「TV」を押すという操作のほか、待ち受け状態から液晶を横長に回転させるだけで、ワンセグが起動してテレビの受信が開始となる。まさに回転液晶を特長を生かした操作となっている。

 一方、ワンセグのほかの機能は少しさびしい。この春から首都圏では一気に活用範囲が広がったFeliCaにも非対応。さらに、今年から開始されたauの新たなJava実行環境「オープンアプリプレーヤー」も非搭載となっている。ワンセグ以外の機能については、ちょっとがんばりが足らなかったようだ。

  • 開いた状態では折りたたみタイプのケータイと違いはない

  • 閉じた状態では外側にモノクロ液晶の表示がある。常に時計などを表示

  • 左サイドには充電や通信のコネクター

  • 右サイドには操作ボタンとmicroSDカードスロット

  • 上面にはテレビ用のアンテナがある

  • 液晶上部には赤外線ポートがある。下側には充電用端子

  • 背面にはカメラを搭載する。マクロはレバーで切り替える

  • 通常のこの角度で開く。ワンセグ視聴時もこの角度が見やすくなっている

  • 通話時など、いっぱいに開いた状態

  • ワンセグ利用時はこのスタイルで机などに置けば、そのまま液晶画面が適度な角度になり、操作ボタンもそのまま押せる

  • 通常のこの角度で開く。ワンセグ視聴時もこの角度が見やすくなっている

  • 液晶を回転させたまま折りたたむことはできるが、閉じた状態からは液晶が回転しないようにロックがかかる

  • microSDカードスロットは本体左側にある

  • AVケーブルやイヤホンマイクはこの端子に接続する

  • 充電とデータ通信ケーブルは右側手前となる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社