お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

店頭情報サービスのipoca、ヤフーにデータ提供--「地図」「カーナビ」との連携も視野

2016/01/19 07:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 店頭情報をリアルタイムで確認できるスマートフォンアプリ「NEARLY」を提供するipocaと、地域情報サービス「Yahoo!ロコ」を提供するヤフーは1月18日、業務提携を結んだと発表。ipocaが蓄積した店頭情報データをヤフーに提供し、Yahoo!ロコから80施設、約9350店舗で取り扱う商品関連情報を閲覧できるようにした。無料で利用できる。

ipoca代表取締役社長の一ノ瀬卓氏(左)、ヤフーのメディアカンパニー 生活メディア事業本部長である津森暁史氏
ipoca代表取締役社長の一ノ瀬卓氏(左)、ヤフーのメディアカンパニー 生活メディア事業本部長である津森暁史氏

 両社が目指すのは、実店舗での“新しい消費スタイル”を生み出すこと。スマートフォンの普及により、街中で「ほしい商品の情報」を検索し、近くの店舗に赴くという消費行動が増えている。しかし、ipoca代表取締役社長の一ノ瀬卓氏によれば、小売りの店頭情報は網羅的なデータベースがなかったため、近くの店舗で売られている商品を検索するのは難しかったという。両社は今回、そのニーズを満たせるサービスを作るべく連携した。

 3月には、NEARLYの商品関連情報とYahoo!ロコの検索機能を連携させる予定。たとえば消費者が「新宿でコートを探したい」と思った場合に、Yahoo!ロコで「新宿 コート」と検索すると、NEARLYの商品関連情報から“新宿でコートを販売している施設や店舗”が一覧表示されるようになるという。

(ipoca発表資料)
(ipoca発表資料)

 そのほか、Yahoo!ロコ以外のヤフーのサービスとNEARLYとの連携も計画。具体的な内容は決まっていないそうだが、ヤフーのメディアカンパニー 生活メディア事業本部長である津森暁史氏によれば、「Yahoo!地図」「Yahoo!カーナビ」など“地域系のサービス”の中で、店頭情報のデータベースを横断的に活用することを考えているという。

 NEARLYでは、情報を掲載する商業施設からipocaが利用料を受け取っている。今回の連携サービスでは、当面はサービスの利用者を増やすことに注力する方針だ。一定数のユーザーが集まった後に、「オフラインの販促ツールに資金を投下している商業施設などに、このサービスを訴求して集客を考えていければ」と津森氏は明かした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社