お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Extraガム「The Story of Sarah & Juan」のストーリー

2016/01/14 14:38
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 企業が生活者とコミュニケーションしていくには、何よりもストーリーが必要です。この場合のストーリーとは、相手の感情を動かすエピソードや仕組みを指します。

 Wrigley社が制作したExtraガム「The Story of Sarah & Juan」という2分あまりのCM動画には、多くの人々の感情を刺激するストーリーがありました。

 Wrigley社はアメリカにある大手ガムメーカー。 Extraはシュガーレスガムとして、欧米ではよく知られた定番の人気商品です。「Give Extra, get extra(Extraガムをあげて、特別を手にいれよう)」というキャッチコピーのもと、ただガムという商品を売ろうとするのではなく、「時間や経験をともにするアイテム」としてのガムの価値を訴求しようとしています。

 2013年には、CM動画「Origami」を公開。ガムの包み紙で作った鶴の折り紙をモチーフに、父と娘との愛情を描くストーリーが視聴者の心を大きく揺さぶり話題になりました。

 あれから2年、今回のCM動画のテーマはすばり恋愛。Haley Reinhartが歌う“Can’t Help Falling In Love”をBGMに、Sarah (サラ)とJuan(ジュアン)のカップルの何年にも及ぶストーリーが展開されていきます。

 物語は、サラとジュアンがハイスクールで出会うところから始まります。サラがロッカーで荷物を落としてジュアンがそれを拾い、そのお礼にと、彼女が彼にExtraガムをあげたことが「特別(Extra)」の始まりでした。

 やがて2人はつきあいはじめます。初めて手を繋ぎ、クルマの中で初めてのキス。サラはまたジュアンにガムを渡します。ジュアンはサラを家まで見送った後、彼女からもらったガムの包み紙に何かをメモしていました。

 ハイスクールを卒業してもつきあいを続けた2人は幸せな日々を送ります。時には喧嘩もありましたが、仲直りのきっかけもガムでした。サラからガムをもらった時、ジュアンは決まってその包み紙に何かを書いていました。サラには内緒で。

 やがてサラは仕事で故郷を離れ、2人は遠距離恋愛になりました。久しぶりに故郷の街に帰って来たサラは、ジュアンから電話で小さな画廊に呼び出されます。サラが行くとそこには…。

 ベタな展開ではありますが、1編の映画を見たような心温まるラブストーリーになっています。

 この動画は、アップからわずか10日で800万回という再生回数を記録し、以下のようなコメントが数多く寄せられました。

 「これは、私がスキップしない唯一の広告。ぐちゃぐちゃに泣いちゃった」

 「たった2分の動画なのに、多くの恋愛映画よりも中身が濃いね」

 「スーパーに行って、ガムを500パック買っちゃう」

 この動画が優れているのは、心を動かし共感を得ながら、きちんと(でも自然に)商品をストーリーの中に取り入れていることです。だからこそ、「いい動画だったけど何の商品の広告だっけ?」みたいなことはありません。ちゃんとExtraガムのブランドイメージを向上させ、購買に向かわせることに成功しています。

 このように、優れたコミュニケーションには必ずストーリーがあります。 あなたの会社のコミュニケーションには、インタラクティブなストーリーがありますか?

◇ライタープロフィール
川上徹也(かわかみ てつや)
広告代理店勤務を経て、コピーライターとして独立。 最近は広告制作に留まらず、「ストーリーブランディング」の第一人者として、 様々な企業のコミュニケーション戦略をサポートしている。 近著『1行バカ売れ』(角川新書)など。

この記事はビデオリサーチインタラクティブのコラムからの転載です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社