お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

iPod touch、厚さ8mmを実現できた理由--アップルStan Ng氏に聞く

2007/09/07 22:08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月6日に発表されたアップルのiPodシリーズは、iPod classic、nano、shuffleに加えて、新たに「iPod touch」が誕生するなど大きなアップデートが随所に見られるものとなった。中でも大きく注目を集めたのは、iPhoneの指でディスプレイをなぞって操作する“マルチタッチインターフェース”を受け継いだiPod touchだ。

 アップルの新製品の企画を担当する米国Apple社iPod製品企画担当シニアディレクターのStan Ng氏に、今回の製品のデザインや今後について話しを聞いた。

マルチタッチインターフェースは革新的なUI

--今回リリースされた製品のなかでも、iPod touchはこれまでのiPodとはまったく異なるタイプの製品です。日本でも受け入れられる製品となるでしょうか?

“米国Apple社 iPod製品企画担当シニアディレクターのStan Ng氏 米国Apple社 iPod製品企画担当シニアディレクターのStan Ng氏

 はい、我々はそう考えています。今回発表したiPod touchは、iPhoneで培われた技術を受け継いでいます。非常に革新的なマルチタッチインターフェース、ゴージャスな3.5インチディスプレイ、そしてWi-Fi(無線LAN)、数百万のビデオにアクセスできるYouTubeなど、いずれもこれまでのiPodにはなかった技術を採用しています。また、Wi-Fiを利用してiTunes Wi-Fi Music Storeにアクセスすれば、iPodを利用して曲を購入したりすることも可能になります。こうした機能は、日本だけでなく世界中のユーザーに受け入れていただけると確信しておりますし、ユーザーの皆様にも満足していただける製品に仕上がっていると思います。

--話題のマルチタッチインターフェースですが、慣れるまで時間もかかる場合もありますし、そもそも説明するのが難しいのではないでしょうか?

“写真の拡大や縮小も指先で実現するマルチタッチインターフェース 写真の拡大や縮小も指先で実現するマルチタッチインターフェース

 だからこそ、ぜひ一度試していただきたいのです。一度でもさわっていただければ、そのユーザーインターフェースのすばらしさがご理解いただけるのではないかと思います。その体験はこれまでにないものです。マルチタッチインターフェースを利用することで、指で触れるだけでアルバムのジャケットを次々と切り替えてアルバムを選択したり、ズームイン、ズームアウトなどを指の操作だけで簡単にできるようになるのです。こうした機能は、日本のユーザーにも高いアピール度があるだろうと確信しています。

--iPhoneとiPod touchを見ていくと、いくつかの点で異なっています。たとえば、iPhoneにはメールクライアントがありますが、iPod touchにはそれがないなどです。

“iPod touch iPod touch

 iPhoneの使われ方は携帯電話の電波を利用できるため、ずっとネットワークに接続しているという特徴があり、電話としての使われ方を意識しています。しかし、iPod touchはそうではありません。確かにWi-Fiの機能は持っていますが、どこでもコンテンツを楽しむというコンセプトで作られています。確かにiPhoneとiPodはオーバーラップしているように見えるかもしれません。なぜそう見えるのかと言えば、iPhoneはiPodの機能を包含しているからでしょうね。

--スケジュールも見ることができますし、事実上のPDAのように見えますね。

 それは興味深い見解です。確かにそう言われることが少なくないのも事実です。じゃあ、それが将来どんな影響があるのかって?もちろん未来のことは誰にもわかりませんし、今何かをお話することはできません。私にとっておもしろいことは、この新しいiPod touchはまだ出荷もされていないんです。それなのにみなさん、「この次はどうなんですか」と質問をされるのです(笑)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社