お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ステップ数 1/ 6、驚異的生産性の4GL、あのCA-EasytrieveがOpen環境で稼動! ~ CA-Easytrieve for UNIX, Windows, & z/Linuxご紹介セミナー ~

2006年1月18日 (水)~
[ セミナー ] 日本CA株式会社
開催場所 : 東京
開催日:  2006年1月18日
申込締切日 : 2006年1月17日 (火)
「CA-Easytrieve Plus」は、メインフレームのアプリケーション開発テストの生産性を飛躍的に向上させる4GL開発ツールとして、多くのお客様に愛されてきました。
COBOLと比較してステップ数約 1/6(CA調べ)という驚異的な生産性を誇る「CA-Easytrieve Plus」がUNIX、z/Linux、そしてWindowsでもご利用いただける様になりました。

もちろん、メインフレームの資産をそのまま生かしながらのマスキングも簡単。 OracleやUDBへのアクセスも同じコーディングです。

~ Easytrieve Anywhere ~
お客様がお持ちの環境にあったCA-Easytrieve をご紹介するセミナーを開催いたします。


●プログラム●
<15:00-15:45>
『Easytrieve Anywhere』

総ステップ数 1/6(CA調べ) 驚異的な生産性を誇る
4GL開発ツールCA-Easytrieve for UNIX・z/Linux・
Windowsをご紹介します。

<15:45-16:00>
休憩

<16:00-16:30>
『CA-Easytrieve製品デモンストレーション』

CA-Easytrieve for UNIX・z/Linux・Windowsをデモを
通して具体的にご紹介いたします。

<16:30->
質疑応答

●対象●
- Easytrieve資産の有効利用をお考えの方
- システム開発の効率化をお考えの方
- 情報部門の部門長、および開発現場の責任者の方
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社