お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デジタル製品

「みんGOL」や「どこいつ」がスマホゲーム展開--「アーク ザ ラッド」なども“復活”

2016/12/08 07:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォワードワークス(FW)は12月7日、都内にて「ForwardWorks Beginning」を開催。ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の人気タイトル「みんなのGOLF」や「どこでもいっしょ」、「パラッパラッパー」などといったIP(知的財産)をテーマとする、スマートデバイス向けゲーム展開についての発表を行った。

 FWは、プレイステーション専用タイトルやゲームキャラクターなどのIPならびに、ゲーム制作のノウハウを活用し、スマートデバイス向けに最適化したゲームアプリの展開を目的とする会社。SIEが4月1日に100%出資によって設立した。それ以降大きな動きが見られなかったが、この発表会では、2017年以降から本格展開するにあたってのタイトルラインアップが披露された。

  • 各種タイトルの説明を行った、フォワードワークス エグゼクティブディレクターの川口智基氏

  • 発表会では、今回のラインアップにおける開発パートナーの代表などが顔をそろえた

 配信第1弾タイトルは「みんなのGOLF」シリーズをテーマとしたゴルフゲーム「みんゴル」。ドリコムを開発パートナーとして迎え、2017年春に配信予定としている。

 第2弾は、「勇者のくせになまいきだ。」シリーズをテーマとするアクションパズル「勇者のくせにこなまいきだDASH!」。SIEワールドワイド・スタジオ JAPAN Studiosを開発パートナーに迎え、2017年夏に配信予定としている。2タイトルとも対応OSはiOSとAndroidを予定し、価格や課金方法などについては未定。

  • 第1弾タイトルのゴルフゲーム「みんゴル」

  • 第2弾のアクションパズル「勇者のくせにこなまいきだDASH!」

 往年の名作を新たにスマートデバイス向けゲームとして展開する「Reborn Project」として、初代プレイステーションの人気RPG「アーク ザ ラッド」と「ワイルドアームズ」をテーマとする新作の開発を発表。アーク ザ ラッドの新作はオルトプラス、ワイルドアームズの新作はWright Flyer Studiosを開発パートナーに迎えたうえ、それぞれに当時のオリジナル開発メンバーが深く関わる形で制作を行うとしている。

  • 初代プレイステーション用ソフトとして人気を博したRPG2タイトルが、新作として帰ってくる

  • アーク ザ ラッドの新作は、オリジナル開発スタッフが再集結する形で進められているという

  • 企画・原案・ゲームデザインを手がける土田俊郎氏が発表会に登壇した

  • ワイルドアームズについても、印象的な音楽を引き続きなるけみちこ氏が担当。

  • そしてシリーズ生みの親である金子彰史氏が監修を担当。発表会ではメッセージを寄せていた

 ほかにも「どこでもいっしょ」、「パラッパラッパー」、「ぼくのなつやすみ」といった人気タイトルも、スマートデバイス向けに新作の開発が進行していることを明らかにした。

トロが活躍する「どこでもいっしょ」、パラッパが活躍する「パラッパラッパー」、ボクくんが活躍する「ぼくのなつやすみ」もスマホゲームとして展開する
トロが活躍する「どこでもいっしょ」、パラッパが活躍する「パラッパラッパー」、ボクくんが活躍する「ぼくのなつやすみ」もスマホゲームとして展開する

 IPの活用だけではなく、オリジナルの新規タイトルも展開する。第1弾には日本の尾道を舞台にした「ソラとウミのアイダ」を発表。宇宙空間にイケスを設け漁業を行なうようになった世界観のもとに、6人の少女たちが成長した姿を描く内容。原作と総監督には「サクラ大戦」シリーズなどを手がけたことで知られる広井王子氏が担当している。

  • 6人の少女が活躍する完全新規コンテンツの「ソラとウミのアイダ」

  • 発表会では「空町春」という少女がしゃべる動画も公開された

  • 原作と総監督を務める広井王子氏も姿を見せ、意気込みを語った

 ゲームソフトメーカーと共同制作による展開も実施。日本一ソフトウェアとは「魔界戦記ディスガイア」や「夜廻」をテーマとするタイトルを展開するほか、スクウェア・エニックスともモバイル市場における新しいチャレンジに取り組むことを発表した。

  • 日本一ソフトウェアと「魔界戦記ディスガイア」や「夜廻」をテーマとするタイトルを共同制作

  • 詳細は明らかにされなかったが、スクウェア・エニックスとも共同で取り組むことを発表

 またソニーとの協業施策として、カードゲームなどアナログの体験とデジタルの体験を融合した新しいプラットフォーム「Project FIELD」を開発。カードなどのICチップを内蔵したアイテムと専用パッドを使い、パッドの上にアイテムをのせることで、アイテムの種類や位置、向き、動きを読み取り、スマートデバイスなどにインストールしたゲームアプリ上へリアルタイムに反映する仕組みとなっている。コンテンツの第1弾として、レベルファイズとバンダイとFWの共同開発により「妖怪ウォッチ」シリーズを展開する。

専用パッドとカードを手に説明を行う、ソニーField事業室室長の坂本和之氏
専用パッドとカードを手に説明を行う、ソニーField事業室室長の坂本和之氏
  • タブレットとBiuetoothで接続し、ICチップ内蔵のカードを使って遊ぶイメージ

  • コンテンツの第1弾は「妖怪ウォッチ」をテーマにしたものとしている

  • ちなみに、発想の原点として1998年にソニーから発売された子ども向け商品「マイ・ファースト・ソニー」があり、実際に手に取って触れることのできる現代の遊びを提供したいという

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社