お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デジタル製品

「ゲオチャンネル」2月22日にサービス開始--配信と店頭の掛けあわせで月額590円~

2016/02/18 11:51
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゲオとエイベックス・デジタルは2月18日、映像配信サービス「ゲオチャンネル」を2月22日の9時にサービスを開始すると発表した。13ジャンル約8万タイトルの映像作品をそろえる。


「ゲオチャンネル」ウェブサイトトップページ

 ゲオチャンネルは、DVDレンタルなどのレンタル店ゲオショップを手掛けるゲオと、dTVなどを運営するエイベックス・デジタルが展開する映像配信サービス。2015年9月に映像配信事業に参入すると発表していた。サービス開始時期については2016年2月であるとしていたが、日付までは明らかにしていなかった。

 約8万タイトルの映像作品が見放題になる「ベーシックコース」(月額税別590円)、ベーシックコースにゲオショップの旧作DVD/BDが月20本まで借りられる「店舗プラスコース」(同:1180円)の2コースを用意し、店頭と配信の両方を利用できる「ハイブリッドVOD」が特長。見放題コンテンツは映画、ドラマ、アニメ、音楽に加え、成人向けコンテンツも用意する。

 ゲオショップのレンタル視聴履歴をコンテンツの編成、調達にいかすことで、独自の品ぞろえを展開していくとのこと。全国のゲオショップ店頭でも、ゲオチャンネルへの契約、登録をサポートする。

 配信コンテンツにはダウンロード機能(一部コンテンツはダウンロード不可)を備え、スマートフォンやタブレットで回線を気にせず視聴することが可能。気になる作品はクリップ機能を使うことで、お気に入りの作品をリスト化できる。

 料金の支払いにはクレジットカードを使用するが、4月以降はゲオグループ独自のチャージができる電子マネー「lueca(ルエカ)」も順次対応していくとのこと。また、ベーシックコース、店舗プラスコースに加え、宅配レンタルを利用できる「宅配プラスコース」(同:1180円)も追加していく予定だ。宅配プラスコースでは、見放題+宅配レンタルで旧作タイトル8枚を月1回、14泊15日でレンタルする。


料金プラン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社