お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デジタル製品

アイドルマスターシリーズの総合ディレクターを務めた石原章弘氏がバンナムを退社

2016/02/01 18:58
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バンダイナムコエンターテインメントが展開する「アイドルマスター」シリーズの総合ディレクターを務めていた石原章弘氏が、1月31日付けで同社を退社したと、アイドルマスター公式ブログにて明らかにした。

 石原氏は、当時ナムコから2005年にリリースされたシリーズ第1作目アーケード版「アイドルマスター」のディレクターを務め、それ以降も総合ディレクターという立場でゲームディレクターやライブの構成なども担当し、コンテンツ面での中核を担っていた。またファンからは、アーケード版公式サイトなどで使用していた“ディレ1”の愛称で親しまれていた。

 「プロデューサーの皆様へ」と題したエントリーのなかで、石原氏は退職について円満退職であることを強調。大きな理由のひとつとして「自分の理想のIPの姿を見たい」ということを挙げた。「作品が個人の意思ではなく、大勢の意思の力で動き始めた瞬間、その作品はある種、誰のものでもなくなり、永遠に近い命を手に入れるのだ、とも思う」と説明し、「石原がいなくなっても続いていく『アイドルマスター』こそが、自分の考える強いIPの姿の一例」としている。

 公式ブログには総合プロデューサーを務める坂上陽三氏からのメッセージも掲載されており、「この10年のうちにアイドルマスターに関わってきた色々な人たちが、次を受け継ぐ人材に育ってきており、彼らが今後のアイドルマスターを引っ張っていきますので、安心していただきたい」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社