お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デジタル製品

[レビュー]5万9800円の格安ミニノートPC--工人舎SAシリーズ「SA5KX08AL」

2008/05/02 20:40
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミニノートPCのメーカーとして定着した工人舎。そのラインアップに5万9800円のモデルが登場した。格安ノートPCではEeePCが脚光を浴びているが、工人舎の低価格マシンの特長はHDDを搭載した普通のPCであることだ。Windows XP搭載により、小さいことに加え、誰でも使いこなせる可能性があるシンプルなPCとなっている。

5万9800円──EeePCに対抗できる小型ノートPC

  • SAシリーズの最新モデル「SA5KX08AL」

 工人舎といえば、今やすっかり小型ノートPCのメーカーとして定着した。最近では電車の中などで使っている姿も見かけるようになり、PC店での店頭でも数多くのラインアップが揃っている様子も見られる。

 そんな中で登場したSAシリーズの新製品「SA5KX08AL」は直販や量販店などでの実売価格が5万9800円というミニノートPCだ。従来のラインアップと外見上や仕様の違いは少なく、上位モデルの「SHシリーズ」に比べての違いといえば、液晶画面は800×480ドットの解像度になり、タッチパネルが装備されないこと。重さは945gと、持ち運びには不自由はない。

 このクラスではASUSのEeePCが人気を集めているが、それに十分対抗しえる価格を実現。しかも、SAシリーズは80Gバイトと普通の容量のHDDを搭載し、アプリケーションのインストールやデータの保存に不自由がないことが大きな特長だ。EeePCの本体記憶容量はSSDを使っていることもあり、たったの4Gバイト。OS自体の格納もままならないEeePCに比べ、今回のSAシリーズは80Gバイト。EeePCのなんと20倍だ。

 ただし、EeePCとの比較では有利になるとはいえ、ふつうのノートPCのスペックから比べるとSAシリーズは、若干劣るスペックだ。なにより液晶画面の解像度が800×480であることがハンデとなり、通常の利用でも画面が非常に狭く感じてしまう。

  • 基本的にはカラーリング以外に従来モデルと変更はない。天板のゴム足は画面をひっくり返したときにパームレストと接触するため

  • ファンレス仕様のため、背面にも放熱のスリットはない

  • 正面にはメモリカードスロットとオーディオ入出力

  • 背面はバッテリーのみ

  • 左側面にはACアダプター、インターフェースのフタ、オーディオのボリューム、電源スイッチがある

  • 右側面にはCFカードスロットやVGAポートなど。スリットがあるがファンがないので熱が吹き出すことはない

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社