お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デジタル製品

標準バッテリーで10時間!進化したモバイルPC 「VAIO type T」

2006/07/03 15:31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一見、パーソナル向きだが、ビジネスに使えるモバイルマシン

  • 新しくなった「type T」。外見からは変化が感じにくい

 「type T」はそのイメージから個人用途が多いように思う人もいるかもしれないが、その軽量さと長時間駆動である上、2スピンドル、さらにワイド画面と、筆者のようなモバイルワーカーには都合が良いことばかりだ。2スピンドルは出先で渡されたCD-ROMを即確認するために重宝だし、ワイド画面は上下の高さが低く感じられ、ノートPCを使った打ち合わせやインタビューの際に相手への威圧感を少なくする。

  • 「type T」の驚異的に薄い液晶画面もそのまま踏襲された

 ワイド画面=DVDの視聴ととらえ、個人用途と考える向きもあるが、表計算ソフトで幅広に表示できることはもちろん、ソフトウェアによっては左側に表示スペースを多く要するものなどもあり、ビジネスの現場でも使い勝手が良い。なにより、XGAよりも広い表示スペースを持っていることが損になることはない。しかも「type T」の11.1型ワイドWXGA液晶画面の横表示ドット数は一般的なワイドよりもさらに広い1366ドットだ。

 また、最近のVAIOの特長として、余計なソフトが少なく感じることだ。長年PCをさわっている人には、家庭用PCを購入した際の星の数ほどのプリインストールソフトに戸惑っている人も多いだろう。ソフトがインストールされているだけならまだしも、常駐ソフトが多く、起動に果てしなく時間がかかったり、メモリを圧迫して動作を遅くし、さらには動作自体も不安定にしてしまうものもある。

 その点、現在のVAIOは常駐がソフトがハードウェアに対するユーティリティー程度と言ってよく、少ないほうだ。デフォルトではVAIOのランチャーが常駐するが、これも簡単に解除でき、後から再度常駐を促す画面が出るという行儀の悪さもない。

 ちなみに、ソニースタイルのVAIO Style(法人向け)でのVAIOオーナーメードモデルに限り、VAIOに標準搭載されるAVソフトなどがインストールされないモデルを選ぶことができる。

  • 光学ドライブは右側面にイジェクトされる。店頭モデルはDVDスーパーマルチドライブ(DVD+R 2層記録対応)

  • 表面カラーは3タイプ。写真のブラックのほか、ホワイトとカッパー。

  • 「type T」は液晶と閉じた状態では、正面からは非常に薄く感じられる

  • 背面はバッテリーのほか、ACアダプター、IEEE 1394、LANポートがある

  • 左側面にはPCカードスロット、USBポートが見える。さらに手前のフタを開けるとモデムポートともうひとつのUSBポートが出現する。排気口も左側面だ。動作中は暖かい空気が出てくる

  • 右側面には光学ドライブとディスプレイ端子

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社