お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デジタル製品

ヤマハ、HDRにも対応した5.1chAVアンプ「RX-V381」--4K伝送強化

2016/03/25 08:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは3月24日、4K映像信号への対応を強化したHDMI端子や、Bluetooth対応ミュージックエンハンサーを搭載した、5.1chベーシックAVアンプ「RX-V381(税別価格:4万8000円)」を発表した。4月上旬に発売する。

 RX-V381は、HDR、BT.2020、HDCP2.2、4K/60p映像信号に対応した HDMI端子を搭載し、4K映像への対応を強化。テレビと本機をHDMIケーブル1本で接続できる「オーディオリターンチャンネル」や、主要メーカー製のテレビやレコーダーとリンクして使用することもできる。

 Bluetoothに対応し、スマートフォンやタブレットなど対応機器の音声をワイヤレス再生できるほか、ミュージックエンハンサーに対応したBluetoothオーディオ機能を搭載。高音域の情報量や低音域の明瞭度が失われがちな圧縮音声を補正して、豊かなサウンドを再生するという。

 ディスクリート構成の5chパワーアンプや、ロージッターPLL回路、バーブラウン192kHz/24bitのD/Aコンバータなどの高音質設計により、BDHDオーディオコンテンツも余裕をもって再生する。

 ヤマハの音場創生技術「シネマDSP」も搭載し、付属マイクで室内の音響特性を自動計測して補正する「YPAO(Yamaha Parametric room Acoustic Optimizer)」やDSPエフェクトノーマライゼーションを併用して、臨場感あるシアターサウンド再現する。

 「バーチャル・シネマフロント」に対応し、視聴ポイントの後方にスピーカを設置できない環境でも、前方のスピーカのみで臨場感豊かな5.1chサラウンド再生を実現。センターに定位する中音域を際立たせてセリフなどを聴き取りやすくする、3段階可変の「ダイアログレベル調整」も新たに搭載した。

「RX-V381」
「RX-V381」
「RX-V381」リアパネル
リアパネル
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社