お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デジタル製品

オンキヨー、シアター向けスピーカ「D-109X」シリーズ3機種

2016/03/09 07:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは3月8日、オンキヨーブランドの、ホームシアター向けスピーカシステム「D-109X」シリーズとして、トールボーイタイプの「D-109XE(税別価格:4万5000円/2台1組)」、ブックシェルフタイプの「D-109XM(同:1万1000円/1台)」、センター用の「D-109XC(同:1万6000円/1台)」の3機種を発表した。3月下旬に発売する。

  • 「D-109XE」

  • 「D-109XM」

  • 「D-109XC」

 3機種とも、低音用と高音用のスピーカユニットで構成。低音用のウーファユニットには、不織布の3層コットンをベースに、アラミド繊維とハイブリッド成形した「N-OMF」振動板を採用し、振動板中央部の砲弾型イコライザで周波数特性の乱れを防ぐことで、豊かな低音とクリアな中低域再生を実現した。

 高音用のトゥイータユニットには、バランスドーム型振動板を採用。可聴帯域の上限を超える80kHzまでの高域再生を実現することで、微小な音の成分を、余すところなく表現するという。

 キャビネットには、剛性のある構造を採用したMDF(Medium Density Fiberboard)を使用。それぞれ、ピアノブラックの黒モデルに加え、メタリックブラウンの光沢のあるフロントバッフルを採用した木目モデルの2種類を用意した。

 D-109XEは、幅約200mmのスリムなトールボーイタイプで、省スペースでの設置が可能。D-109XEおよびD-109XMは、2台設置して2chステレオ再生用のスピーカとしても使用できる。別売りのアンプ内蔵サブウー ファーシステム「SL-T300」と組み合わせれば、5.1chサラウンド再生も可能だ。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社