お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デジタル製品

音茶楽×オークヴィレッジ、山櫻無垢材と漆仕上げのカナル型ヘッドホン2機種

2016/02/25 08:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 音茶楽は2月24日、オークヴィレッジとのコラボレーションモデルとして、カナル型ヘッドホン「Flat4-櫻Plus(サクラプラス)」および「Flat4-緋櫻Plus(アカザクラプラス)」を発表した。3月11日に発売する。音茶楽の税別価格はFlat4-櫻Plusが7万5000円、Flat4-緋櫻Plusが8万1000円。2機種合わせ、500台弱の限定販売モデルとなる。

  • 「Flat4-櫻Plus(サクラプラス)」

  • 「Flat4-緋櫻Plus(アカザクラプラス)」

 2機種とも、飛騨高山の職人の手により、センターキャビネットに山櫻無垢材を削り出し、拭き漆仕上げを施した。3.5~45kHzのハイレゾに対応し、Flat4構造とコンプライフォームイヤーチップ採用により、不快なタッチノイズを軽減している。

 音響回路には、位相補正チューブを用いた「ツインイコライズドエレメント方式」を採用。カナル型において音質劣化の原因となる、外耳をふさぐことによって生じる、6kHz付近の共振を抑えた。プラグ付コードには4芯構成を採用し、左右のチャンネルのグランドを分離することでセパレーションを向上させた。

 位相補正チューブは、Flat4-櫻Plusが28mmの標準仕様で、Flat4-緋櫻Plusが30mmのロング仕様。ユーザーの外耳道の長さと位相補正チューブ長を合わせることより、よい音質が得られるという。シリコン製イヤチップS/M/Lサイズが付属する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社